スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おごそかに・・・ 

♪アードベント・クランツに~あーかりがつ・く・と~、か~みのこ いえしゅさまの おたんじょうびーが ちかーくなる~♪

キリスト教幼稚園に通ってる王子がお経のように歌っているので歌詞を覚えました。
歌詞は覚えたのですが、音階がお経なのでいまだにどんなメロディなのか分かりません。

キリスト教な我が子って、なんか欧米のかほりがしてステキ。
自分、仏教の学校だったもんで。クリスマスとかなかったんで。花祭りはあったけど。
幼稚園はホントに派手じゃないおごそかなクリスマスでそれがまた良くてね~。

クリスマス・アドベントから始まって、一大イベント、ページェント(生誕劇)も終わり。
年少さんは、お約束で羊のかぶりものして、子羊の役なんです。(それしかできないともいう)。
もちろん主役は劇をやる年長さん達なんですが、この子羊がビジュアル的にはやっぱり萌え萌えで。

しかし、年長さんになるとすごいな。あんな台詞やら歌が覚えられるんだもんなあ。
王子は何の役やるのかな。ソロで歌う役は絶対ダメだな。

その年長さんの劇を見た年少さんたちも一回で歌とか覚えちゃうみたいで次の日とか真似してるのよ!
そうやって受け継がれていくのね。

ページェントの前日に、当日はみんなオサレした恰好で来ると聞いて、焦りまして。羊なのに?
「あら、ちゃんとしたっていってもウールのベストとかカーディガン程度よ。」て先輩ママ。
・・・・・・・・
持ってませんけど?
無理矢理それっぽくした王子。
サイズ変更RIMG0006
夏モノランニング。お馬のマークじゃなくてトカゲですけど?
結局、ドリフみたいなケープ着るんであんま意味なくね?
羊のカブリモノ嫌がるんじゃないかと思いましたが、ちゃんとかぶってました。

幼稚園で作ってくるオーナメント、ナチュラルでこんなに可愛い。
サイズ変更RIMG0011
羊の耳がね、豆なんですよ。
サイズ変更RIMG0012
王子が紐持ってフンフンて振ったら、その豆が落ちて。
ねいさんがくわえて離さなかった。
取り返しましたけど。

飲んだくれているただけのクリスマスが、幼稚園のおかげで本来の意味を考えるようになりました。
でも飲んだくれてますけど。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。