スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

優しい目 

Image11a.jpg

最近、自転車の補助輪がやっとこさ外れました。

いやあ、自転車、ほとんど乗る機会がなくて、サッカー行くときくらいなんですが年長さんになってから、そろそろ外さねばならぬな、と思いつつでも本人が「外したい!」とか全く欲求がなくて、なんとなくそのままムードで。

でも夏くらいだったかなあ、あまりに皆取れてきてるのでそろそろヤヴァいと思って補助輪を外す。
一度練習するも、上手くいかず親子喧嘩勃発。

ち!私が子どもの頃なんか、一人で勝手に練習したわい!めちゃくちゃ転びまくって傷らだけだったわい!
しかもヘルメットとかそんなん当時ありえなかったからね。今の子は過保護だよ。

で、ネットで見たらイマドキは「ペダルを外して練習する」らしくペダルと補助輪を外してしばし練習。
自分の足で地面を蹴っていくのね、これでバランス感覚がわかるらしい。

そりゃーもう、まるで普通に乗ってるかのように、ペダルなし走行が上手になりまして。

周りの人には、「あ、ペダル外してるんだ?あまりに普通に早く走ってるからもう乗れてるのかと思ったよ」と言われるくらい。

ちなみに王子はそんなこと言われると、「そうハンドル外してるの」と言います。ペダルがどうも覚えれないらしい。

ハンドル外したら乗れないから。

で、これいつペダルつけたらいいんですかね?てことになってきて、もうダイジョブだろーて周りに言われ、こないだつけて小学校の校庭で走らせてみたら、2~3回でできた。

すごい!やっぱりこの方法はすごいのだ。

いやー、こんな物騒な世の中だけど、子連れってだけで舌打ちされることもあるけど、子どもが自転車の練習してるときの世間の目は優しく感じたよ。

空気入れ持ってきて空気入れてくれるおじさんいたり、通りすがりに「頑張って」と声かけてくれる人、アドバイスしてくれる人いろいろ。
乗れるようになったとき現場にいた知らない他のお父さんお母さんは、一緒に喜んでくれたもんね。

悔し泣きしながら練習した王子は、乗れるようになったら
そりゃーもううれしくて。
トラックを何周もぐるぐるぐるぐる、永遠にぐるぐる。

その後じばらく、犬の散歩に自転車でついてきては、車の来ない通りをひたすら往復。あの、いつまで私と犬待ってればいいんですかね?あまりにうれしそうで帰りづらいですけど。

道行く人にハァハァ言いながら ものすごいスマイル 送ってるらしく(←大人だと変態)
、皆に声かけられて通り過ぎた人が私んとこ来て、「お宅の息子さん?ものすごいうれしそうね」て言ってくるくらい。

まだまだ世間も捨てたもんじゃないですな。
 
スポンサーサイト

コメント

ええ話や

いいね。ほのぼの♪
そう、すてたもんじゃないね。
子供のピュアなリアクション・気持ちって周りをハッピーにさせるね。(くさい台詞すみません)
でも、同い年の息子がいる私からすると
男子のそういう単純でピュアな部分、もうすっごい大事にしたいっす。
だって・・・
そういうのすこーしずつ成長につれて
奥のほうに隠れてしまうでしょ。
最近、だから噛み締めてるのよー。
王子からもハッピーいただきました♪

ええ話や、と思ったら、
ちゃっぴーさんのタイトルが、まさに(笑

ひとつひとつできることが増えていき、そのたびに喜びをピュアに表現できるのって、子どもならではだよねえ。
あたすには、もうそんな心は残っておりません…。いと悲し。

遅いレスで・・

→ちゃっぴーさん
世の中捨てたもんじゃない、ってこの震災でも感じましたね。
子供はピュアでホント、いろいろ考えさせられますわ。
どーしようもなく男子ってあほだけど、このピュアさはいいですよね。
アホでもなんでも生きててくれればいいや、って今回。

→yamaimoさん
お久ぶり。大丈夫だった?

あんまり、この歳になると新しくできることってのもなくなってきたもんね(笑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chompu.blog33.fc2.com/tb.php/1204-256f259f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。