FC2ブログ

月別アーカイブ

 2011年03月 

 

何から書けばいいのかな。

しばらくは、なんだか夢の中にいるのか映画を見ているようで現実とは思えない日々が続いたわけで。
最初の頃はただただ唖然で恐怖もおさまらないし涙も出なかった。
しばらくしたら広がっていくあまりの被害の大きさに、突発的に涙が溢れてきたり、ちっとも眠れなかったり。
家族も家も失っていない東京にいる私がこんなで。被災した人の精神状態は想像を絶するわけで。

でもこれは現実なんだよな。

現実を見つめて、冷静になって被災地の方々に協力しなければ。

とにかく一人でも多くの命が助かりますように。

地震当日、私は仕事終わって電車降りて「王子の卒園式のシャツをいい加減に買わなきゃ!」と思ってビルで買い物してるときだったの。

地下にいたんだけど、船の中にいるみたいで。地下であんだけだったなら、高層ビルいいた人とかどんだけだったんだろう?そしてものすごい長かった。気持ち悪くなるくらい。

とにかく頭に浮かぶのは王子と一緒じゃないってこと。恐怖は恐怖だけど自分はどうなってもいいけど、とにかく子供と犬。

揺れが治まって、どうしらいいもんかとしばし呆然としたけど、とにかく帰らなくちゃ。王子は幼稚園だから安全だという確信があったしすぐに幼稚園にいたママから連絡がきた。て、すぐに電話も通じなくなったけどね。
地震直後3分以内くらいは5~6回かけて通じた。

外に出たらすごい人でパニックになってる。

とにかく家、走って家を目指す。
うそ、マンションの壁落ちてるし。
玄関開けたら、クララが下駄箱の下に潜って震えてた。
チョンプーは・・・普通?もしかして寝てた?
急いでクララ抱っこしてあげて、家の被害確認して。幸いそれほどひどくありませんでした。

王子は幼稚園にいたほうが安全て気もしたけど、とにかくすぐにお迎えへ。
お迎えに出るとき、クララが「置いてかないでー」って必死についてこようとしたけど、道中なんかあったら怖くて家の中なら安全だからて言いきかせて。チョンプーは普通におやつ待ってましたけど。

幸い王子はそれほどパニックになってはいなかったみたい。
でも次の日の午前中は、ずっとテーブルの下で遊んでたからやっぱり怖かったんだよね。

その後、夜になって、実はメールがたくさん来ていたことに気付く。
心配してくれた友達達、ありがたい。
そうか、こうなるとメールも届くのは数時間後なのだ。
経験したことがないからわからないことばかりだ。

でもさ、この時点ではまだこんなに東北の方が大変なことになってるって分からなくて、今思うと私みたいな人間が余計なメールなんてしてる場合じゃなかったなと。ごめんなさい。

王子と犬二匹が乗っかって身動きできない暖かい布団の中、この日常がどんなに幸せなことかこんなに実感しているのはこんなことがおきてから。
どうか、みんなに日常が一日でも早く戻りますように。



スポンサーサイト